すべての人が
活き活きと働ける
環境づくりを目指す

「ウェルエイドジャパン」

メンタルヘルス対策への取り組みが
人を元気づけ、企業を成長させます。 

働くひとりひとりの
総合的なメンタルヘルス対策を

精神障害の労災認定が年々増加するなどの最近の社会情勢や労働災害の動向に即応し、労働者の安全と健康の確保対策を一層充実させるために、労働安全衛生法の改正が行われました。ウェルエイドジャパンは、法改正に伴うストレスチェックにとどまらず、働くひとりひとりの総合的なメンタルヘルス対策をご提供します。

メンタルヘルス対策サービス
「GoodWorker Care」

企業毎にメンタルヘルスに関わる様々な要望・問題に対して、ストレスチェック、多様なEAPサービス(従業員支援プログラム)、適正な労務管理対応サービス(勤怠管理システムのASP提供)を組み合わせてご提案します。また、産業医のアサイン、研修によるメンタルヘルス教育などはパートナー会社と連携してコーディネートします。

ストレスチェック「Self」

改正安全衛生法「ストレスチェック制度」に対応した総合ストレスチェック

EAP(従業員支援プログラム)

ストレスチェック実施に合わせ、お客様のご要望に応じた付帯サービスのご提供

ASP版勤怠管理システム

1次予防につながる過重労働の抑止支援、勤務形態に合わせた柔軟なシステム運用

ストレスチェック制度とは

新たに創設されたストレスチェック制度は、労働者のメンタルヘルス不調を未然に防止する一次予防を目的としたもので、事業者は、各事業場の実態に即して実施される二次予防及び三次予防も含めた労働者のメンタルヘルスケアの総合的な取組の中に位置付けて継続的かつ計画的に進めることが望ましいとされています。この目的を達成するためには、職場における「心の健康づくり」の推進が重要となっています。

ストレスチェック制度の概要

心の健康づくりを

健康とは単に病気ではないというだけでなく、身体的にも、精神的にも、社会的にも健康であることだとWHOでは定義しています。こうした真の健康を実現していくために、セルフチェックにより 「社会的な健康度」「心身の健康度」「生活の健康度」を総合的に確認します。この3つのバランスをいかに高め、いかに改善すればよいかを考えながら毎日の生活を振り返ることこそが大切です。そのためにも事業者は、以下の役割を果たす必要があります。

  1. 1労働者のメンタルヘルス不調の未然防止
  2. 2労働者自身のストレスへの気づきの促進
  3. 3ストレスの原因となる職場環境の改善

会社概要

社名
ウェルエイドジャパン株式会社
本社所在地
〒171-0014
東京都豊島区池袋2-43-1 池袋青柳ビル4F
創立日
平成27年6月
資本金
10,000,000円
主要株主
エヌエスティ・グローバリスト株式会社
連絡先
  • TEL:03-6324-3751
  • FAX:03-5949-4715
役員
  • 代表取締役社長:山本 直
  • 取締役執行役員:佐藤 政弘(営業本部長)
  • 取締役:浅谷 岩夫(エヌエスティ・グローバリスト株式会社執行役員)
  • 社外取締役:宮下 研一(ウェルリンク株式会社代表取締役)
  • 監査役:斉藤 真道(エヌエスティ・グローバリスト株式会社取締役)
事業内容
  1. 事業内容:EAPコンサルティング
  2. ストレスチェックASPサービスの販売
  3. メンタルヘルスに関する各種サービスの販売
  4. 勤怠管理ASPサービスの販売
  5. 組織開発・人材開発・教育支援サービスの販売

お電話でのお問い合わせはこちらまで 03-6324-3751